記事一覧

2019年5月家計簿

収入合計 : 266,492円手取り給与 266,421円利息 71円支出合計 : 77,229円食費 23,339円日用品 6,315円趣味・娯楽 10,385円交際費 2,280円医療費 5,451円電気代 4,133円ガス代 2,380円携帯電話 2,853円旅行 20,080円税・社会保障 13円収支 : 189,263円備考食費にはスーパーで一緒に買った日用品も含む水道代は2か月に1回住宅費は現在、社宅で給与から約2万円控除されている自宅インターネット代はWimaxレンタルで2019年9...

続きを読む

生活保護の思い出 5

生活保護の仕事は大変でした。もちろんもう二度としたくありません。ただ生活保護家庭への訪問は基本一人で行います。危険な目にあいやすいのですが、業務の裁量はそれなりに大きいということになります。法令を解釈し、執行するのは苦手ではなかったですし、そんなに残業はしませんでした。自分は行政職だったのもあります。福祉職だと、福祉への情熱が強く、仕事の範疇を度外視して何とか困っている人を支援してあげたいと業務時...

続きを読む

生活保護の思い出 4

この国の政治行政を考えると今の生活保護制度は抜本的に変わることはないでしょう。今の日本で一度始めた福祉政策を大きく変更することは極めて困難です。ただここでは自分なりにこういうほうがいいんじゃないかという貧困救済制度の仕組みを考えてみようと思います。今の生活保護で一番問題なのは申請がしづらいことです。収入が生活保護基準以下で生活に困っていても近所や親族への羞恥心から申請しない、できない人が多いです。...

続きを読む

生活保護の思い出 3

生活保護法第四条 保護は、生活に困窮する者が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することを要件として行われる。2 民法(明治二十九年法律第八十九号)に定める扶養義務者の扶養及び他の法律に定める扶助は、すべてこの法律による保護に優先して行われるものとする。3 前二項の規定は、急迫した事由がある場合に、必要な保護を行うことを妨げるものではない。生活保護の...

続きを読む

生活保護の思い出 2

生活保護担当はきつい業務で、私が働いていた役所では3Kの一つと言われていました。あと二つは税金徴収と土木関係の用地取得です。あくまで現場の対住民業務の中の3Kであり、仕事の忙しさでは特定の企画や管理系のセクションのほうが大変ですが、対住民業務はその内容次第ではストレスが半端ないです。私が生活保護を担当していた当時は長い不況の影響もあり、業務もどんどん大変になっていってました。同期採用で税金徴収と土木関...

続きを読む

生活保護の思い出

生活保護って社会保障の中では年金と並んで過激な話題になることが多い分野です。今まで自分はこういうデリケートな話にはブログであまり触れないようにしてきました。不特定多数の人が自由に見ることができるブログで、このような話題を書くと、好戦的な人を呼び込んでしまう可能性があるからです。私はブログでのほほんと過疎日記を書いて自己満足したいだけなのです。私は昔、公務員をやっていた頃、生活保護を担当していたこと...

続きを読む