記事一覧

出世でも窓際でもなく、自分にとって会社で快適なポジションを確保するため奮闘中

うちの会社のメインの人事異動の時期は7月です


私は現在、関連会社へ出向中の身分で、出向して4年、そろそろ元の会社へ戻れという辞令が出る可能性が高いです

でも戻りたくない

今の会社は前の会社に比べてのんびりしています

変な人は多いけど(笑)

また私は現在ある資格に基づいた専門的な仕事をしていますが、今の会社は私しかその仕事をできる人がいないのです(パートさん1人に補助してもらってます)

よってある程度自分の裁量で仕事ができます

他の部署との調整も少なめの仕事です


つまりのんびり、自分の裁量で働け、他者との人間関係も少ない最高の職場です

私一人しかいないので、有給休暇は取りづらいですが、私的にはストレスが少ないメリットのほうが断然大きいです





大学卒業して勤めた一番最初の仕事は公務員でした

自分ではまあまあ無難な仕事を選んだつもりでした

最初の配属先は福祉関係の対人業務で精神的にきついと言われる部署でした

実際二度としたくないくらい嫌な仕事でしたが、でも労働時間はそんなに長くなかったし、人間関係もよかったです

そして外部出向を経由して、勤務先で一番忙しいと言われる部署に配属になりました

そりゃ忙しかった

ただ忙しいことより人間関係がきついのが苦しかったです

もともとストレス耐性が強くない自分は退職を決断しました

今思えば大学時代、もっと本当の意味での自己分析をしておくべきでした…就活ツールの自己分析でなく




次の仕事は学生時代アルバイトをしていて、ストレスをあまり感じなかった仕事をしようと思いました

そしてその仕事に必要な資格を取得し、今の会社(出向元の会社)に就職します

あとから徐々に気づいたんですけど、この資格の仕事って個々の仕事が独立していて、他者の影響が小さい仕事なんですよね

かといって別に責任が大きいわけでもありません

それが私がこの資格の仕事を続けられている一番の要因です

私が働くうえで一番重要なのは人間関係と責任によるストレスが小さい仕事

これにもっと早く…学生時代に気付きたかった



とはいっても出向元の会社はそれなりに大きい組織なので、同じ資格をもって仕事をしている同僚も多いです

そこでは当然多少の人間関係は生じます

人事異動で担当を交代すると新たに仕事を覚え直す必要もあります



それに比べると今の出向先の職場は私一人(とパートさん)で仕事のほとんどが回ります

私しかこの資格を持っている人がいないので、出向先では異動の可能性は限りなくありません

このまま今のポジションをキープしたい



ストレスと給与の費用対効果の点で、今の軽ストレスの仕事なら早めに退職してアルバイトしながらのセミリタイアより、この仕事を続けて完全リタイアまで資産を増やすほうが効率的だと思います

何とかもう少し今の関連会社にいることができないか、現在、出向元ならびに出向先の管理職と話し合いを続けています



もし今の関連会社にこのまま残ることができたとしても、一つ問題点があります

今の私の仕事は私がしているAという仕事ともう一つ別の分野のBという仕事が一つの同じ部署になっています

AとBは全然違う仕事です

私はBという仕事はやりたくない

もしこのまま関連会社にいるならこのABの部署の長になるよう言われていますが、そこは何とか断りたい

別に給料が上がるわけではありませんから

もともとAの仕事をするための資格を持ち、そのために採用されたので、Aの仕事に専念したいと私は説明しています

コメント

コメントの投稿

非公開コメント