記事一覧

漫画とセミリタイア後の住居候補

昨日、ツタヤで漫画レンタルして来て読んでいる

めっちゃ面白い

やっぱ自分は漫画好きで、人生の時間の中で一番好きな時間かも

 

セミリタイアを考えだしてから、それはつまり残りの人生いかに有意義に過ごすかを考えることとセットなんだけど、

純粋に自分が好きなものは何かを強く意識するようになった

 

我慢して辛い仕事を続けてキャリアアップ?

結婚して妻子養って、マイカー、住宅ローン?

それは自分の自由を犠牲にしてまで、無理して欲しいものじゃない

 

好きな仕事を好きなとき好きなだけする

本当に気の合うパートナー的な女性を見つける

こういうのならいいなとも思う

 

でもかっこいいこと言いながら一方でいまだに世間体やら親、知人の目というものを少し意識してしまう自分もいることは間違いない

自分は弱い人間だ

親とか知人に無職独身だとどう思われるか考えてしまう自分もいる

 

さて漫画の話に戻る(笑)

以前、セミリタイアしたら立川まんがパークに通いたいって書いた

セミリタイア後の居住地候補1

気に入っている施設でかなり通いたい気持ちは強い

 

ところでいつも拝見させていただいているじゅんぺーさんのブログ
うっかりやっちゃうブログでビレッジハウスのことを知った

ビレッジハウス:無職・低収入の住宅が借りにくい問題の候補一つ

ビレッジ・ハウス続報

 

もともと雇用促進住宅で、住居の候補として昔考えていたこともあったのだが、今は民営化されてビレッジハウスとなったよう、知らなかった

 

早速、立川近辺を調べてみると
間取り2Kで、33,000 円 - 46,000 円がある

ビレッジハウス郷地

まんがパークまで4km弱の距離

これいいかも!

 

立川周辺だと平均よりは全然安いほうだと思う

古い施設だと思うが、自分は何より騒音対策を重要視する

雇用促進住宅は昔の団地のような感じで厚いコンクリート壁だと思うので騒音の点は安い木造の民間賃貸住宅よりはいいと思う

住んでいる人のモラルはそこまでよくないかもしれないが、それは安い民間賃貸住宅でも同じようなもんだろう

 

ただ実際、現地を見てみないと自分が住めると感じるかわからない

同じURやビレッジハウスの管理でも、それぞれの物件でいろいろ違うだろうし

最初から引っ越すつもりではなかったのだが、以前に興味本位で内覧した安いURの物件はちょっときつそうだった

 

もし物件が気にいったとしてあとは入居審査か

ある程度、高齢者や職業不安定な身分の人でも考慮してくれるような入居方針のようだけど、それはどの程度のものなのだろう

 

申請書類で収入証明がいるということはやっぱりそれなりの収入がいるのだろうか

資産を貯めてのセミリタイアで、収入なしだときついのかな

家賃の支払いは預金口座からの口座振替(収納企業:株式会社アプラス)ということ

アプラスってなんか前に民間賃貸住宅を契約したとき、あったような

このアプラスの審査に通ることが条件なのだろうか、うーんそうするとやっぱり収入必要?

 

まだまだいろいろ疑問はあるし、調べていこうと思うけど、いい住居候補が見つかった

コメント

コメントの投稿

非公開コメント