記事一覧

退職日は2月末が有利?

セミリタイアを考えていると将来いつのタイミングで辞めてやろうかって妄想しますよね(笑)

ところで税金や社会保険料の点なども含めて収支的には何月の退職が有利なのでしょうか、あくまで自分のケースですが

最初は12月末かと考えてました

12月の賞与ももらえる

退職金も基本は退職日に属する年の収入になります

そうすると12月末退職で、翌年1年間働かないと翌年の収入はゼロ、最短の翌々年度より住民税非課税となり、国民健康保険料も減免が受けられるからです



でも調べてみると退職所得は分離課税だし、通常の住民税の算定には影響しないです

また、退職所得は国民健康保険料の減免審査も判定に含めません、ちなみに失業給付も含めません

ということは翌年の退職金除いた収入が98万円以下=国民健康保険算定上の所得33万円以下(国保の算定所得は収入-給与所得控除65万円のみで社会保険料は控除されない)のときは翌々年度から国民健康保険料7割減免適用の範囲内だし、住民税も当然非課税となります


自分の場合、1月になったら有休が20日追加されます

さらに前年分有休はいつも消化しきれず、20日は必ず繰り越されるので合計有休40日を、1月~2月で消化することもできます

実際取得できるかどうかは別として制度上は(笑)

1月初めは年始休暇もあるので40日有休使えば1月~2月はフルで休めます、制度上は(笑)



あと自分の職場の場合、ベース昇給が1/1付けであり、ある年齢までは微々たるものですが昇給が必ずあります

昇給した金額が退職金の基礎算定金額になるからそこでも多少金額が増えることになります

コメント

コメントの投稿

非公開コメント