記事一覧

生まれて初めて買った本

私が初めて自分(のお小遣いで)で買った本はちびまる子ちゃんです

小学3年生のときだったと思います

なぜそうだったのか、あまり覚えていません

同じ頃、一番最初に買ったCDも長渕剛だったので、私は趣味が変わっていたのでしょう

多分、妹が漫画雑誌のリボンやなかよしを買ってもらっていて、私も借りて読んでいたので、それで知ったのだと思います

別に少女漫画が好きというわけではなかったのですが、妹が買ってもらっているのがうらやましくて読んでました

あのとき、リボンやなかよしは天使なんかじゃない、ママレード・ボーイ、セーラームーンとかが連載されてましたね

ちびまる子ちゃんは異色の漫画でした


小学生の高学年になってからは自分で買いに行くのが恥ずかしくて妹に代わりに買いに行ってもらったりしました

特別版の単行本、大野くんと杉山くんはとても感動して読んで泣きました


そのあと私もだんだん成長してマガジンやサンデーを読み始めた(ジャンプではないところが、私らしい)のでちびまる子ちゃんは買わなくなりました

特別単行本で転校したはずの大野くんがテレビ版等では出てきてので違和感を感じたりとかもあったと思います

そういうテレビ版と連載版、特別単行本でそれぞれの時間が流れていることが小さいので理解できなかったんですね


ちびまる子ちゃんは読まなくなりましたが、さくらももこのエッセイはとても面白くて買って読んでました

さくらももこ編集雑誌で、芸者の格好をして白塗りで写っている顔が私の記憶にあった唯一のさくらももこ本人のイメージだったので、最近のニュースで写る本人の画像を見るとこんな顔だったのかと思ったりします

考えてみると10代の頃、一番読んだ著者なのかもしれません

NHKでマンガ夜話という漫画評論番組があったのですが、その中でさくらももこは文章の人、絵は下手だが、文才があるというようなことを言われてました

確かに文才もあると思いますが、たとえ下手でもあの独特の絵は人を引き付けます

落ち込んだ心境を示すキャラクターのひたいから垂れるあの数本の縦線、すごいインパクトでした



心からご冥福をお祈りいたします

コメント

コメントの投稿

非公開コメント