記事一覧

投資で大切なのは自分の勝ちパターンを知ることではないか

何度か述べてますが、自分はそんなに投資が得意ではないと思っています

実際、これまでの成績もそこまでよくない

ここ数年、日本株も米国株も相当上昇しているのにその恩恵をほぼ受けていません(笑)

 

なぜうまくいかないのか、自分なりに考えてみました

 

投資関係の本も時々読みます

でも本屋に並んでいる投資関係本にもいろんな手法がありますよね

インデックス投資、バリュー投資、高配当株…

 

いったい何がいいんだ…

 

特に私が一番悩むのは株価が調子悪いときの逆張りがいいのか、株価が調子いいときの順張りがいいのかです

名著と言われる本の内容や投資の格言でも真反対のこと言ってることがあってどっちが正しいんだってことありません?

 

格言では逆張りをすすめているような格言が多いですよね

有名なのは

人の行く裏に道あり 花の山

とか

こういう格言みると株価が調子いいときは我慢して不況になったら買うのがいいのかと思ってしまいます

 

でも一方で有名な書籍には

儲かるのは順張りと書いてあることが多かったり

インデックス投資でも常に投資しておくことが大事と言われます

どっちがいいんだー

 

たぶんどっちでもいいんです(笑)

 

一部のとんでも本を除いて名著と呼ばれている投資本にはそれなりの根拠と著者の成功実績があります

ただ私たちがその理論を学んでも、それを現在の株式市場の状況にうまく当てはめることができるかが重要だと思います

だからどの理論がいいというより、その当てはめ方(使い方)です

 

株式投資って性格や感情が影響する部分が多いです

だからその人によって、どの理論のどういう使い方がうまくいくのかは人それぞれなんだと思います

 

うまくいくというのはただ利益がでるだけでなく、精神的に負担でないということも含まれます

 

この理論をこういうふうに使うと成功することが多いなって自分なりの勝ちパターンを経験で学び、それを継続・発展させていくことが投資でうまくいくことにつながるのではないでしょうか

 

そのためにも

いきなり大金は投資せず少額で経験を重ねて、自分の勝ちパターンをしっかり把握する

勝ちパターンは絶対勝つわけではないが、期待値は高い投資なので、感情に流されずに実行する

が大事なのかなーと思いました

コメント

No title

おお!なるほど!
すごく納得しました!
確かに投資手法は色々あって何が正解なのかわかりません。
でも、どれが自分に合っているかは何となくわかります。
でも考えているだけじゃなくて実践して経験値を上げないとですね。
私の場合勝った経験自体が0なので(^^;←なのに懲りてない。

以前は流されて考え無しで投資して失敗したので、今度は納得できるまで勉強して取り組みたいです。

No title

私自身、そんなに投資がうまくいってないのでたいしたことは言えないのですが、自分に言い聞かせる意味でも書いてみました。ひで吉さんのおっしゃるとおり、他の方が利益が出ているとすごいなと思ってつい自分もとあせって投資してしまいがちですが、精神負担がなく、自分なりにうまくいく方法を見つけることが大事なのかと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント